公式ブログ

スタッフのつぶやき

ハムスターの妊娠・出産@福田

2017.06.04


こんにちは!

今日はハムスターの妊娠・出産について少しお話したいと思います。


ハムスターの妊娠・出産は女のコの体に負担がかかるので、だいたい生後2ヶ月半くらいから交配可能になります。(品種によっては変わります)
※ゴールデンで2歳以上、ドワーフで1歳半以上は妊娠・出産には適さないので注意!

ハムスターの発情期は決まってないです。
1年中繁殖ができます。が、生まれた赤ちゃんの健康などを考えて、暑い夏や寒い冬は避けた方がいいです。春、秋がおすすめです。
妊娠期間は約半月、子育て期間は約1ヶ月くらいです。

最初は男のコと女のコのゲージを隣合わせにして、お互いが見えるようにします。
2~3日様子を見て、馴れてきたら女のコを男のコのゲージに移します。
※女のコの方が気が強いので、男のコを女のコのゲージに入れると攻撃されてしまいます。逆はダメ!
同じゲージに入れてしばらくすると、男のコが女のコを追いかけて交尾をはじめます。
交尾は20~60分くらい繰り返し行われます。
終わったらすぐにゲージを離しましょう!

妊娠に成功すれば、交尾した後10日ほどでお腹が膨れて体重が増えてきます。
落ち着いて過ごせるようにゲージは静かな場所に置いて、あまりかまわないように!
妊娠期間中の女のコはデリケートなのでご飯とお水以外はゲージに近寄らず、掃除も控えましょう。

妊娠から出産までの期間はゴールデンが約16日、ドワーフが約18~30日くらいです。
出産予定日の2~3日まえになると巣作りをはじめます。

ハムスターの出産はだいたい静かな深夜から早朝にかけて行われます。
赤ちゃんの数はドワーフで平均4匹、ゴールデンで約8匹くらいです。多くて10匹以上生まれるのもあります。
生まれてからすぐはなるべくゲージに近寄らないように!驚いて母親が赤ちゃんを食べちゃう時があります。あと、赤ちゃんには絶対に触らない!!人間の匂いがつくと育児放棄してしまうので、素手では触らないようにしましょう。

生後3週間くらいで子どもたちは離乳して大人と同じご飯を食べます。最初はふやかしたペレットなど、食べやすいご飯で。
1ヶ月経ったら男のコと女のコは別々に!
成長の早いコは性成熟し始めます。

人にあげる場合は、離乳が終わってからです。

長々とすいませんでした。
もし交配させるなら色々と調べてから交配させて下さい!
DSC_0208.JPG

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町52-1 みやとくビル1F
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。