公式ブログ

スタッフのつぶやき

うちのねこ2@小川

2011.07.26

続いて、うちのねこのぽん田(ポンタ)を紹介します。

ぽん田は道端に置かれていた赤ちゃんの頃から、両目が開きません。
原因はわかりませんが、ウイルスによる目の炎症が進行したためだと思います。
一緒にいたねこちゃん達は次々もらいてが決まっていきましたが、目が開かず体もボロボロだったぽん田にはもらいてが見つかりませんでした。
そんな縁あって、ぽん田は我が家の家族となりました。

今では、目が見えなくても家具の配置を記憶し、目が見えているかのように暮らしています。

頑張って、長生きしてもらいたいです。2011072611100000.jpg

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。