公式ブログ

スタッフのつぶやき

しっぽと猫の気持ち②@GO

2012.03.27

前回に引き続き、しっぽの動きと、その時の猫の気持ちについて紹介しようと思います。
・立ったまましっぽを大きくゆっくり振っている
 見慣れない物を見つけたときに良く見せる仕草。
 驚きながら観察している状態で、興味津々で、やや興奮している状態。
・左右に振る
 リズムをつけてブンブンと左右に振るときは、強いんだぞという闘争心のあらわれ。
 犬と違ってうれしいから振っるわけではないよう・・・。
・大きくバタバタ激しく
 しっぽをパタパタと早く大きく左右に振るときは、イライラしたり怒っている時。
 不機嫌な状態なので、なでたりかまったりしないで、そっとしておいたほうがいいかも・・・。
・寝ているときにしっぽの先だけ小さく振る
 呼ばれたけど起きるのが面倒なので、しっぽで答えているよう・・・。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。