公式ブログ

スタッフのつぶやき

猫のマーキング@GO

2012.06.07

尿スプレーは、主に雄が後ろ向きの姿勢で柱や壁、時には物に吹き付ける行動で、発情期の雌も、雄を誘うために尿スプレーを行うことがある。
体のすり寄せ行動も匂いを付けてテリトリーの維持と交配相手の確保の手段としています。

※室内飼いの雄猫:本来、猫は縄張り内の決まった場所に排泄する習性ですが、成熟した雄は自分の縄張りを保持するため高い位置まで尿スプレーしたり、縄張り内の目新しい物に尿スプレーする習性があります。

このマーキングをやめさせるには、子猫の時に去勢するとマーキングをしなくなります。ここで、1度マーキングを覚えた成猫は去勢しても尿スプレーの回数が低くなりますが、しなくなる確立は低いです。


≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。