公式ブログ

スタッフのつぶやき

花粉症①@GO

2013.03.18

 最近、急に暖かくなってきたと思ったら、花粉症をわずらうシーズンになって、目と鼻のかゆみとの戦いの毎日です。
そこで今回は花粉症について少し調べてみたのでご紹介したいと思います。

 ・花粉症でみられるさまざまな症状
  花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが3大症状として知られています。
  しかし、人によってはこれに伴って、目の症状やのどの症状、全身倦怠感などをはじめ、さまざまな症状がみられることもあります。
 
 ・花粉症の症状はなぜ起こるのか?
  花粉症の症状は、多くの場合「ヒスタミン」という物質が関わって起こります。
  ヒスタミンとは、皮膚に存在する「肥満細胞」という細胞に含まれる化学物質のひとつです。
  花粉症の患者さんのからだの中に花粉が入ってきて、肥満細胞からヒスタミンが放出されると、このヒスタミンが鼻の粘膜にある神経や毛細血管を刺激して、花粉症の症状を引き起こすのです。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。