公式ブログ

スタッフのつぶやき

花粉症③@GO

2013.03.18

 ・外出時の対策
  外出時は花粉との接触をできるだけ避けるために、マスクやメガネを着用し、服装も表面がスベスベした素材の上着を着ることをお勧めします。
  また、テレビや新聞などの花粉飛散情報のチェックも毎日の行動の参考に役立ちます。

 ・家の中での対策 
  花粉症のシーズンは、帰宅したら花粉をよくはらい落とすようにし、家の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。
  それでも入ってきてしまった花粉は、こまめに掃除をして除去することも大切です。

 ・花粉症の治療は花粉が飛び始める前から
  花粉症患者さんのシーズン中のつらい症状をできるだけ軽くするために、花粉が飛び始める前から治療を始めることを花粉症の「初期療法」といいます。
  初期療法を開始するタイミングは、例年症状が強く出る人では、「花粉飛散開始日の2週間くらい前から」がいいみたいです。

 ・花粉症の治療薬
  現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。
  ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。