公式ブログ

スタッフのつぶやき

予防@泉

2013.04.18

予防.jpegまだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではすっかり春ですね!
春には桜や入学式、卒業式など色々なイメージがあると思いますが・・・
このブログをご覧になっている方々、特にワンちゃんを飼っている皆さんからすれば、
春といえば「予防の季節」といったイメージが強いかもしれませんね。
狂犬病ワクチンや混合ワクチンは「1年に1度」の実施なので割とわかりやすいと思います。しかしフィラリア予防とノミ・ダニ予防は春から毎月1度実施して頂くという共通点はあるものの、フィラリアは5~12月まで毎月1回、ノミ・ダニ予防は冬場は2ヶ月に1回ですが基本は通年で月に1回と微妙な違いがあり、「どっちがどっち?!」と混乱される方も多いと思います。なので少しおさらいしておきましょう。

①フィラリア予防:蚊が媒介する病気なので、蚊が出る季節に合わせて予防がスタートします。予防薬とは言うものの実際は「駆虫薬」ですので、前月に感染した可能性のあるフィラリア幼虫が大きくなる前にやっつけましょうというのがこのお薬の目的です。このため、蚊が出没すると言われる4~11月とは1ヶ月ズレて5~12月に投与して頂く必要があります。お肉のような味のチュアブルタイプや錠剤、お注射など様々なタイプがありますが、投与のしやすさを考えるとチュアブルタイプがオススメです。

②ノミ・ダニ予防:スポット剤タイプや飲み薬タイプなど色々ありますが、こちらもフィラリア予防と同様に月に1度投薬orスポットしていただくお薬です。冬場はノミやダニの活動性は低下するものの、完全にいなくなるわけではありません。お散歩で草むらに入ったりすると冬場でもノミやダニが寄生することがあります。なのでフィラリアのお薬とは違って、ノミ・ダニ予防は1年を通して実施していただくのが理想です。ただし前述のように冬場はそれほどノミ・ダニの活動が活発ではないため、当院では冬場は2ヶ月に1度の投与をオススメしています。

スペースの関係上簡単にまとめましたので、さらに詳しい説明や気になることがあれば診察時にいつでもお気軽にお尋ねくださいね!

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。