公式ブログ

スタッフのつぶやき

猫の繁殖期@GO

2014.01.28

 寒い日が続きますが、春先は外にいる猫ちゃんたちの出産が多くなる時期なので、今回は猫の繁殖について掲載してみます。

 メス猫は、「季節性の多発情動物」と言われます。「季節性」とは、季節に連動して繁殖期が訪れることを意味し、「多発情」とは、1年の内に複数回の発情期を迎えることを意味します。
 メス猫の繁殖期のピークは2~4月上旬、および6~8月の間に多く見られます。繁殖期が、比較的温暖な時期に集中しているのは、エサが少なく環境の厳しい冬よりも、エサが豊富で環境が温順な季節に出産した方が、新生子の生存率が高まるためです。
 繁殖期のピークは、緯度が北に寄れば寄るほど、遅くなり、逆に南に寄れば寄るほど早まると言われます。繁殖期の回数は通常2回ですが、野良猫の場合は年1回、短毛種の場合は3回以上など、生活環境や種によってまちまちです。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町52-1 みやとくビル1F
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。