よくある質問

新しくワンちゃんがお家に来たら、、、

遺残乳歯について

ワンちゃんも私達人間と同じように「歯の生え替わり」があります。通常は生後7ヶ月ぐらいまでには一通りの歯の生え替わりが完了します。
しかし、本来抜け落ちないといけない乳歯が残ってしまうことがあります。これを「遺残乳歯」といいます。

遺残乳歯は、口臭、口腔内の外傷そして歯周病の原因になり、ひどいケースでは、口腔内の炎症や痛みのために食欲が落ちたりすることもあります。

遺残乳歯の治療は、「抜歯」です。その抜歯のためには、全身麻酔が必要な場合があります。詳しくは当院までご連絡ください。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。