飼い主様の声

わんちゃん

いっちゃんのおかあさんより

 いっちゃん(柴犬・男の子)は生後6カ月からずっとセナ動物病院さんでお世話になっておりました。嫌がる予防注射もいつも院長先生が気長に何気なくしてくださり、でもいつも暴れまくっていたので(普段はおとなしい子なのに)ご迷惑だったと思います。でも、先生はじめスタッフの方達がいつも笑顔で気持ち良く接して下さいました。
 いっちゃんは2018年5月12日旅立ちました・・・・・。脾臓腫瘍がわかり、院長先生が緊急手術をして下さり経過も良く元通りに散歩も行けるようになっていました。けれど、既にがんが転移しているので、早くて1カ月、良く持って2~3カ月と言われておりましたが、いっちゃんは4カ月頑張ってくれました。入院中や通院中の治療も院長先生はじめスタッフさん達が私の意見や希望を良く聞いて下さい、いっちゃんにとって一番楽で過ごしやすいように考えて下さいました。
 ある日、いっちゃんが昼間帰宅していて、急に具合が悪くなり身体を起こせなくなっていました。そんな中、院長先生が迎えに来て下さった途端、いっちゃんが玄関まで歩いて出てきたのにはビックリしました。「先生、来てくれたん!僕、ちょっとしんどいねん。待ってたんやで!」と言ってるみたいでした。私は、「ああ、いっちゃんもセナさんの事をすごく信頼してるんやな。」と思いました。
 入院中もスタッフの皆さんが親切にきめ細かくお世話して下さり、いつもいっちゃんにお声をかけて下さり、いっちゃんも淋しくなかったと思います。いっちゃんを最後まで診ていただき本当にどれだけ感謝してもしきれません。
 そして、いっちゃんが亡くなったあと、悲しんでいる私をセナさんのスタッフさん達はもちろんセナさんに通う他の飼主様からも励ましのお言葉をいただきました。あらためてセナさんのスタッフさん達、そして優しいお言葉をかけて下さったマロンちゃんのお父さんへ、悲しんでいる私を励まし力付けて下さいまして本当にありがとうございました。
 セナ動物病院様、本当に大変大変お世話になりありがとうございました。

≪一覧へ戻る

セナ動物病院
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町32
TEL.075-712-7757

年中無休

土、日、祝も診察を行っています。